短時間の顔ヨガでも顔やせの効果があります

上手く顔やせが出来ずに困っていたり、表情の不自然さに悩んでいる人は、表情筋を鍛えるために顔ヨガを試してみてください。

顔にある表情筋と呼ばれる筋肉が弱ってくると、顔に脂肪が付きやすくなったり、表情を上手く作れなくなってしまいます。
普段から笑顔を作らなかったり、他人と喋っていない時間が長くなるほど、表情筋を柔らかくするための必要になります。

顔を思い切り伸ばすように口を開けながら、目線を上に10秒間ほど向けているだけでも、顔ヨガの効果が得られておすすめです。
その際には口を上下に広げるだけでなく、口を左右にも動かして筋肉を伸ばすようにすると、頬の筋肉も同時に鍛えやすくなります。

頬に多くの脂肪が付いて困っている人ほど、頬の筋肉が弱っている事が多いですから、左右に口を動かす顔ヨガに時間をかけるようにしてください。

鼻や目や口の全てのパーツに力を入れたまま、思い切り目や口を閉じているだけでも、顔やせの効果は十分に得られます。
眉間にも力を込めるようにすると、額に脂肪が溜まってシワが出来るのを防ぎやすくなります。

そして顔の筋肉から力を抜くと同時に、息を吐くようにするとリラックス効果まで得られたりと、普段から精神的な疲れが溜まっている人にもおすすめです。
この運動方法を毎日続けていると、笑顔を作る際に頬も上がりやすくなって、自然な笑顔を作る事ができます。

自分は無表情なのは生まれつきだと思い込まずに、顔の筋肉を試しに鍛えてみてください。